ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】

朝一のリールガックンを利用した立ち回り

ホールのガックン対策をチェック!

ジャグラー用語&キャラクターでも解説していますが、

リールのガックンとは、設定変更後ボーナス終了後の1回転目にリールが「ブルッ」と震える現象のことです。

じつは、この「リールのガックン」を利用して、ジャグラーの朝一、設定変更判別の立ち回りが可能だったりします。

ホール側もガックン対策として、設定変更後に1ゲーム回したり、手動で7絵柄を揃えたりして、

設定変更の有無を打ち手にわからないように対策してるホールもあります。

ですが、まったくガックン対策をしていないホールがあったり、全台設定を打ち変えたり、全台据え置きだったり(笑)、一部の指定台のみ設定変更したりと

ガックン対策はホールによってまちまちです。

5号機ジャグラーシリーズは設定変更すると、すべての機種でリールガックンします。

一度、あなたが通っているホールのガックン対策をチェックして、ジャグラーの朝からの立ち回りパターンに加えてみてください。

リールガックンのチェックの仕方

リールガックンのチェック方法は、朝一台(1ゲームも回されていない台)にコインを投入してレバーONします。

そのときにリールの挙動を確認しましょう。

リールがブルッと震えたり、ひっかかったり、微妙に逆回転したりする場合があります。

そうなったら設定変更の可能性大!

下の動画は、ジャグラーの設定変更後のリールガックンが確認できる動画です。

中リールの7絵柄がブルッと震える挙動を確認できると思います。(1分2秒あたり)



リールのガックンチェックは個体差があり、目視で確認しづらいケースもあります

リールのガックンを利用した朝からの立ち回り

まず、注意しなければならないのが、あなたが通っているホールがリールのガックン対策をしていないことが前提となります。

前日、可もなく不可もなくといった、中間設定っぽい台のリセット(設定変更)を判別しても、それが設定上げなのか、下げなのか分からないので、

リールのガックンを利用したジャグラーの朝一設定変更判別は、以下の3パターンに絞りましょう。

・前日の高設定(好調台)の据え置き狙い
・前日の高設定(不発台)の据え置き狙い
・前日の低設定(不調台)の設定上げ狙い

そして、リールのガックンチェックを行った結果・・・

据え置き狙いの台がガックンしなければ、その台は高設定濃厚、設定上げ狙いの台がガックンすれば設定変更濃厚となります。

ただし、その前に必ず確認しておかなければならないことがあります。

それは、据え置き狙い台の朝一の出目

もし、据え置き狙い台の朝一の出目が、前日の閉店時の出目と異なっていたら、それはリールが回されて対策されている証拠なので、この場合は設定変更判別はできません。

つまり、ジャグラーの高設定の据え置き狙いで立ち回る場合、狙った台が

「前日の閉店時と同じ出目」「リールがガックンしない」ことが条件となります。

また、設定上げ狙いの台がリールガックンしたからといって高設定が確定するわけではないので注意しましょう!!

よくあるパターンとして、同一設定の打ち変え(例:設定1→設定1)もあるので、

ジャグラーの朝一、設定変更判別を利用した立ち回りは「なるべく高設定を掴むため」「優位に立ち回るため」に補助的に活用しましょう。

低設定の上げ狙いは、過去10日間のデータを参考にして、上げてきそうな台番を第1〜第3候補くらいまで絞り込んでおきましょう!!

朝からの台選びに困ったときは・・・

朝一の据え置き狙い、上げ狙いに失敗した場合や、朝からの台選びに困ったときの立ち回りとして、お店のクセを利用する方法もあります。

ホールによっては高設定が投入されやすい場所があったりします。

例えば、入り口付近やカド台、通路からよく見える位置などに高設定を投入してくるパターン。

インパクトを強くするために高設定台を2〜3台並べてくるホールもあります。

「出てる台の隣りは出ない」という心理の逆をついた配置なのでしょうが、意外とこういう店多いですよ。

また、高設定を頻繁に据え置いてくるホールもあれば、毎日リセットしてくる店もあります。

朝から立ち回るときは、こういった店ごとのクセや傾向を把握しておくことで、高設定をツモれる確率もアップすると思います。

▲ページの上部へ戻る

最終更新日:2015年9月25日


ジャグラー攻略サイト【ネジネジ★GOGO★ペカ?!】HOMEへ戻る
当サイトに掲載している画像の一部の著作権は”株式会社 北電子”に帰属します